気になる顔の産毛ケア!肌を傷つけないでつるつるお肌にする方法!

顔の産毛の濃さがコンプレックスでした

 

 

 

私にはずっと人に言えない悩みがあります。

 

 

それは顔の産毛が濃いということ。

 

 

ヒゲの濃い父親の影響なのか、私は生まれつき産毛が人よりしっかりしていて、

 

自分の中では小学校の頃から気になっていました。

 

 

 

そして、中学校の時。

 

遂にに男子に「○○ヒゲ生えてんじゃん!」といじられるという事件が起きてしまいました。

 

(あぁ、やっぱり私は人より毛が濃いのね…)

 

別にしつこく言われ続け、それでいじめられるとまではいかなかったですが、

 

元々産毛を気にしていた私は一回言われただけでも相当ショックでした。

 

何もしなくても肌が綺麗でつるつるの女子が本当にうらやましくかったものです…。

 

 

 

 

その日から私は絶対にもう顔の産毛でいじられることがないように、

 

自分で顔の産毛剃りをし続けることになりました。

 

最近までずっと3日に1回くらいのペースで剃り続けていました。

 

現在20歳の大学生なので、産毛そり歴は5年以上のベテランです(笑)

 

 

 

でもつい最近、あるものを使うことで顔剃りの頻度を減らすことに成功したんです!

 

このサイトではその秘密をみんなにも知ってほしいと思って作りました。

 

最期までゆっくり見ていってくださいね。

顔の産毛ケアをするメリット・デメリット

 

 

 

顔の産毛を剃ることについては、メリットとデメリットがあるのをご存じですか?

 

「産毛うざい!」と剃る前にこのメリット・デメリットを分かっていないと

 

後で痛い目を見ることもあるかもしれません。

 

しっかり覚えておいてくださいね。

 

 

産毛を処理することのメリット

 

顔色が明るくなる

 

 

 

実は産毛が濃いと顔が僅かに暗くなります。

 

顔は産毛に覆われていますが、この毛の黒さでちょっと顔に膜がかかったように見えるためです。

 

剃ったことない人にとっては「えっ、細かい毛がそんなに見えるものなの?」と信じられないかもしれないですが、

 

実際に初めて産毛を剃った時には、顔全体が明るくなることに感動するもの。

 

特に産毛が濃い人は大きく変わりますよ。

 

これはかなり嬉しいメリットですね。

 

 

化粧のりが良くなる

 

 

 

産毛が濃い人は化粧のりが悪く、すぐに化粧が落ちてしまうなんてことがあります。

 

産毛が化粧を肌に定着させる邪魔をしているんですね。

 

こういう人は顔の産毛を剃ることで、化粧のりを改善できる可能性があります。

 

それほど濃い産毛でない人も、化粧のりを良くするために剃ってるって人は案外多いみたいですよ。

 

また、化粧だけでなく、化粧水などの浸透も良くなります。

 

 

ニキビを防げる

 

 

 

産毛に皮脂やほこりがくっつくことで、毛穴が詰まり細菌が繁殖する。

 

これがニキビなど肌トラブルの原因となります。

 

私のように産毛が濃い人はその分毛穴も大きいでしょうから、普通の人よりも清潔に保つのは

 

難しいかもしれません。

 

産毛を処理することで、皮脂やほこりが吸着しにくくなるため、こういったトラブルを減らすことができます。

 

 

産毛処理をすることによるデメリット

 

肌が荒れることがある

 

 

 

上で産毛があるとニキビになりやすいと書いたばかりで、「産毛処理してもしなくても肌荒れ!?」と

 

思われるかもしれませんが、これは自分で産毛処理をしている場合のみ当てはまります。

 

自分でカミソリなどを使って毛を剃る場合、どうしても肌に傷が付きやすいですよね?

 

この傷口から細菌が入り込むことで、ニキビなどの原因になってしまうこともあるんです。

 

エステなどプロの人にやってもらえば、傷がつかず肌が荒れることも少ないでしょう。

 

 

毛が太くなる(ように見える)

 

 

 

昔から、剃ると毛が太くなるって言われていますよね。

 

実際に私も剃り始めたばかりの頃、毛が余計に太くなったように感じました。

 

でも、毛は剃っても太くなることはありません。

 

ですが、太くなったように見える、のは本当。

 

 

 

髪の毛とかを見ると分かりますが、毛って先端は細く、根元の方ほど太くなっていますよね?

 

産毛も同じようになっているんですが、剃ることによって元々肌に埋まっていた毛の太い部分が

 

顔を出すため、太くなったように見えるんです。

 

あくまで今まで見えてなかった太い部分が顔を出すだけなので、

 

そこからどんどん太くなっていくということはありません。

 

 

肌の防御力が落ちてしまう

 

 

 

産毛は紫外線など外部からの刺激に弱くなる、というデメリットがあります。

 

肌が傷つかないように産毛処理をしている場合、これが一番のデメリットと言えますね。

 

 

 

ただ、紫外線には日焼け止めがありますし、乾燥にも保湿化粧品があったりするので、

 

今はそれほど気にする必要はないという意見もあります。

 

保湿や日焼け止めなどの肌ケアを普段からきっちりしっかりする人であれば、

 

大きなデメリットにはならないのかもしれません。

 

 

 

 

 

ネットでも顔の産毛を処理する派、処理しない派がいて、それぞれメリットやデメリットを言ってますが、

 

個人的な意見としては、「剃らないで済むくらい薄いなら最初から剃ってないわ!」って思います。

 

産毛が濃いなどコンプレックスがあるからこそ気を遣うわけで…。

 

産毛で悩んでいるのであれば、我慢するよりはに処理しまった方が楽になれるような気もします。

 

産毛を処理する方法はどんなものがある?

 

 

 

一般的な顔の産毛処理には大きく分けて自分で処理する方法と、

 

プロの人にお任せする方法があります。

 

それぞれのやり方やメリット・デメリットを見てみましょう。

 

自分で処理する

 

 

 

まずは自分で産毛を剃ったり抜いたりする方法です。

 

やり方は人によってかなり色々ありますね。

 

私がネットで調べたところ、↓の方法が挙がっていました。

 

  • カミソリで剃る
  • 電気シェーバーで剃る
  • レーザー脱毛器を使う
  • 毛抜きで抜く
  • 顔用脱毛シートで抜く
  • 脱毛クリームを使う(※危険)

 

みんな自己流でやっている部分があるため、他にも方法は沢山あると思います。

 

ただ、脱毛クリームは顔の皮膚には強烈すぎるので、絶対に使わないでくださいね(笑)

 

また、抜く方法は肌への刺激が剃るよりも強いため、個人的にはあまりおすすめしません。

 

 

 

比較的ダメージが少なく一般的なのはカミソリを使った産毛剃り、

 

そしてそれよりもダメージが少ないのは電気シェーバーや脱毛器ですね。

 

 

 

ただ、刺激が少なめとは言え、カミソリなんて手元が狂えばすぐ傷つきます。

 

電動シェーバーはかなりダメージは少ないですが、その代わりに剃り残しが気になることがあります。

 

(カミソリに比べ、根元まで剃れないため。)

 

レーザー脱毛器を使う場合は比較的安全ですし、何度も使うことで毛穴の中まで

 

産毛を消してくれますが、脱毛器が高い(6万円前後)というデメリットがあります。

 

どれも一長一短ですね。

 

 

 

自分で処理するメリットは、何と言っても手軽さですね。

 

自分が気になった時にいつでも処理できますし、カミソリで処理するなら

 

数百円くらいで道具は揃います。

 

電気シェーバーでも数千円で購入できます。

 

脱毛器だけはちょっと敷居が高いですが、一度購入してしまえば何度でも使えますし、

 

お店でやるよりは安上がりです。

 

 

 

一方デメリットは上でも書いた通り、傷をつけてしまいやすいことと、

 

きっちりと剃りきれないことでしょう。

 

自分でやる場合はしっかり蒸らしや保湿などの下準備をしっかりとして、

 

なるべく肌にダメージを与えないようにすることが重要です。

 

 

お店で処理する

 

 

 

もう1つの方法は、エステやクリニックでの顔脱毛です。

 

こういったところでは、顔脱毛コースや、顔の部分脱毛コースが用意され、

 

1回数千円〜1万円以上でツルツルに仕上げてもらえます。

 

最初の数回はお試し料金で安く受けられるエステも多いですね。

 

 

 

メリットはプロの人にきっちり脱毛してもらえるため、自分で処理する時のような失敗がなく、

 

楽に処理できるということですね。

 

私もお試しで一回行きましたが、終わった後はそのツルツル具合に驚いたものです。

 

 

 

 

 

ただ、やはりネックはお値段。

 

1回綺麗にしても、また自然と産毛は生えてくるため、

 

この方法でずっと産毛を処理し続けるためにはかなりのお金がかかることに…。

 

払える人ならいいですけど、大学生には到底無理です(泣)

 

また、お金があっても社会人で忙しい人なら通うのが手間に感じるかもしれませんね。

 

 

どちらもデメリットがある

 

 

 

自分で処理する方法、お店で処理する方法にはどちらも良い面、悪い面があります。

 

しかもデメリットがどちらも結構大きいんですよね…。

 

 

 

私はこれまで長く自分で処理してきましたが、肌を傷つけてニキビやくすみを作ってしまった

 

ことが何度もありました。

 

「産毛処理する方が顔が汚くなってしまってるかも…」と思ったこともあるくらいです。

 

でもそれ以上に産毛の濃さがコンプレックスで、産毛処理をやめられませんでした。

 

なんというかクセみたいになっちゃってたんですね。

 

 

 

エステの脱毛は、とても大学生が続けられるような値段ではありません。

 

綺麗になるのは嬉しいですけど、逆に行けなくなった時の落差が大きくなってしまうんですよね。

 

しかも1度体験すると、その後勧誘もめんどくさかったり…。

 

 

 

このようにどちらを選んでも大変な産毛処理。

 

でもつい最近になって、自分で手入れでき、肌荒れすることがない

 

産毛ケアの方法を見つけることができたんです。

 

おすすめの産毛対策はこれ!

 

 

 

その方法とは産毛専用のスキンケアクリームを使うこと。

 

と言ってもよく意味が分からないかもしれませんね。

 

 

この「NOISU(ノイス)」というスキンケアクリームを使うんです↓

 

 



 

 

 

「NOISU」は自分で産毛処理した後の肌をしっかり保湿・引き締めてくれるクリーム

 

…まぁそれだけなら普通の化粧水・乳液と大差ないですよね。

 

でも、凄いのはここから!

 

 

 

「NOISU」には女性ホルモンを活発にする成分や美肌成分が多数配合されており、

 

なんと産毛自体を薄くしてくれる効果もあるんです!

 

 

 

「産毛が薄くなったら産毛処理自体いらなくなるんじゃ?」

 

そう思った方、正解です。

 

 

 

実際にこれを使って産毛処理を止めてしまった人、止めるまでいかなくても処理の頻度が

 

減った人が沢山いるみたいですよ。

 

実は私もその一人で、産毛処理の頻度が3日に1回から2週間に1回くらいまで減っています。

 

そのおかげで無駄に肌を傷つけることも減ったんですよね。

 

 

 

使い方も凄く簡単で、麻の洗顔後と、夜入浴後(もしくは産毛処理後)に顔全体に馴染ませるだけ!

 

ジェルのような質感でよく伸びるため、塗った後もべとつかず不快感もありません。

 

 

 

こんな簡単に産毛の濃さを根本解決できるなんて…。

 

もうちょっと早く知りたかったです。

 

 

 

 

 

このように私の産毛ケアにとって救世主とも言える「NOISU」。

 

定期コースで購入すれば、1か月分4,600円で購入することができます。

 

(通常価格は8,500円ですが、定期コースで購入してもいつでも止められるため、

 

通常価格で買う意味はありません。)

 

「凄く安い!」って訳でもないですが、これ1本で美肌成分も入っていますし、

 

徐々に産毛が薄くなっていくことを実感できているのでエステに比べて全然安上がりだと思ってます。

 

 

 

もしかしたら肌に合わない方もいるかもしれませんが、無期限の全額返金保証が

 

ついているため、実質的には無料でお試しすることができます。

 

もしあなたが産毛の濃いさや処理の仕方で悩んでいるのなら、試してみなきゃ損だと思いますよ。